BootCampで起動したWindows 7をMacライクに操作するTipsあれこれ

Boot CampでSSD内にWindows 7(64bit版)をインストールしました。操作感をMac OSライクにしたいので色々と試してみました。追々書き足していきたいと思います。

KeySwapでキーマップを変更

KeySwapを使えば常駐ソフトなしでキーマップを変更できます。私は、MacBook Airのキーボード(JIS配列)のcontrolボタンをcommand(⌘)ボタンとして使っているので、WindowsでもCaps Lockの位置をCTRLキーに変更しました。

「英数」キーと「かな」キーによるIMEのオン/オフ切替え

Windows 7上では、Macの「英数」キーは「無変換」に、「かな」キーは「ひらがな」に割り当てられています。Google日本語入力のキー設定で、定義済みのキーマップからATOKの設定をインポートし、次のように割り当てキーとコマンドを変更します。

DirectInput Hiragana IMEOn
DirectInput Muhenkan IMEOff

AutoHotKeyによるマウスとキーボード操作のカスタマイズ

AutoHotKeyを使って、マウスとキーボードの操作をMacライクにしてみました。

Magic Mouseのスクロール方向を上下反転させる

Windowsではマウスのホイールを上に動かすと画面は下にスクロールし、ホイールを下に動かすと画面は上にスクロールしますが、Mac OSでは(Lionから)この動きが逆です。つまり、ホイールを下に動かすと画面は下にスクロールし、上に動かすと上にスクロールします。Windowsのコンパネではこのようなマウスの動きは設定できません。そこでAutoHotKeyを次のように設定して、ホイールの動きと画面スクロール方向を反転させます。

; MagicMouse Wheeling
WheelUp::
Send {WheelDown}
Return

WheelDown::
Send {WheelUp}
Return

ついでに左右も反転させます。

WheelLeft::
Send {WheelRight}
Return

WheelRight::
Send {WheelLeft}
Return

CTRL+Qでソフトを終了する

; make CTRL+Q close the current window
^Q::WinClose,A

CTRL+Mでウィンドウを最小化する

; make CTRL+M minimize the current window
^M::WinMinimize,A

Alfredの機能を再現

Macで愛用しているAlfredの機能をWindows上で再現してみたくなったので以下を試してみました。

ランチャー機能

Google Quick Search Boxを使いたかったのですが、Windows版の開発は停止されてしまったようです。そこでLaunchyを使うことにしました。Hot KeyにWin+Spaceを割り当てたかったのですがWindowsで予約されているため(デスクトップ表示)AutoHotKeyでWin+SpaceをWin+Jに変換することにしました。

; make Win+Space Win+J
#Space::#j

クリップボード履歴

Windowsで愛用していたペースターを再び使っています。

オマケ:Bluetoothドライバのアップデート

いくつかのBluetooth機器(LBT-AR300とCreative T12 Wireless)がWindows 7でうまく認識されなかったので、Apple Support Communitiesのやり取りを参考にしてドライバをアップデートしました。無事に認識してくれました。

ここまでを終えて

Windows 7の操作感がかなりMac OSに近づいて快適になりました。⇣こんな気分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です